Railsチュートリアルも終わったので、アプリを1本かく

先月の話ですが、ようやくRailsチュートリアルを完了しましたので、これから先はアプリを1本かこうと思います。

 

 

Ruby on Railsを使ってみたおおざっぱな理解は、「リソース」とでもいうべき概念があって、MVCそれぞれの要素は”皆まで言わなくてもリソースの名前で暗黙的につながるようになっている”というところです。

 

ここが個人的には最初は面食らいました。例えば、viewでは「form_for(@user) do |f|」とするとaction=”regist”になっているし、post先は決まっているし、コンポーネントのidやnameも決まっています。あまりに書く分量が少ないので、「なんかいろいろたらなくない?」という感覚に陥るんですよね。

  

ただ、今となっては楽でいいなと思います。仕組みさえわかってしまえば。ここら辺は手を動かしてみないと「腹落ち」してこないものです。

 

さて、今の仕事で携わっている開発プロジェクトが終わるとintra-martかruby on railsのどちらかを使ったSIになりそうなのでどちらも修業が必要です。

 

しばらくはruby on railsを使って1本アプリを書いていき、VPSで公開するまでの経過報告をブログで書いていこうと思います。

 

目標は、年内には実装とテストを書ききって、年明けにはVPSで公開するスケジュール感で行きたいところです。

 

作るのは工数管理アプリです。

SESとして客先に行っていると、1次請がエンドユーザに請求する工数、自社が1次請に請求する工数、それとは別に自社の勤務表もあります。今の会社はそうではないですが、使いもしねーのに工数実績を細かく取りたがるわけわかんねーやつもいるけど細かく工数を取り出すと社内工数も人事研修やら部門研修やらで入力する側は面倒なので1元的に管理したいなーという妄想からです。Web屋さんではないのでフロント部分は適当にやります。

f:id:s06068ss:20191007001155p:plain

工数管理アプリを作ります